えひめスポーツ俳句大賞の募集について

「第16回えひめスポーツ俳句大賞」の募集について
事業名 「第16回えひめスポーツ俳句大賞」の募集について
事業の概要 「俳句」部門
<募集対象>日本在住の方(外国人も可)
高校生以上を「一般の部」、中学生以下を「ジュニアの部」とする。
<募集内容>競技種目1~41からなるスポーツをテーマに詠んだ俳句、及び42.えひめ国体・えひめ大会の競技の試合や、開会式・閉会式の模様を俳句詠んだ作品を募集する。
1人あたりの投句数は5句までとする。
「ハイブリッド(俳句+フォト)」部門
・募集対象:日本在住の方(外国人も可)
・募集内容:競技種目1~41からなるスポーツをテーマに詠んだ俳句、及び42.えひめ国体・えひめ大会の競技の試合や、開会式・閉会式の模様を俳句詠んだ作品とそれを表現する写真を募集する。
ハイブリッド部門には、1人あたりの投句数に制限はない。
応募競技 1 陸上競技
2 水泳
3 体操
4 ボート
5 ボクシング
6 サッカー
7 テニス
8 バスケットボール
9 バレーボール
10 ハンドボール
11 ウエイトリフティング
12 ラグビーフットボール
13 セーリング
14 柔道
15 卓球
16 相撲
17 ソフトボール
18 山岳
19 バドミントン
20 剣道
21 弓道
22 馬術
23 自転車競技
24 軟式野球
25 ホッケー
26 フェンシング
27 ソフトテニス
28 クレー射撃
29 銃剣道
30 なぎなた
31 ライフル射撃
32 空手道
33 アーチェリー
34 ボウリング
35 レスリング
36 カヌー
37 ゴルフ
38 スキー
39 スケート
40 アイスホッケー
41 その他(国体競技以外の競技)
42 えひめ国体・えひめ大会(えひめ国体及びえひめ大会における競技の試合や、開会式・閉会式の模様を俳句に詠んだ作品)
募集期間 平成29年07月01日~平成29年11月30日(当日消印有効)
提出方法 基本的にインターネットによる投句とする、但し、インターネットによる投句が難しい場合は、指定のハガキにより投句とする。なお、えひめ国体・えひめ大会の開会式及び閉会式の会場(みきゃん広場・中央広場の案内所)に設置している投句ポストからも投句可。
また、応募競技等の番号(1~42)を必ず明記すること。
受賞通知 受賞者に対してのみ、1月末頃に通知する。
賞について (1)部門ごとに、最も優れた作品を「えひめスポーツ俳句大賞」として選定し、賞状・盾及び副賞(5万円相当の商品券)を授与する。
(2)俳句部門のジュニアの部において、最も優れた作品を「えひめジュニアスポーツ俳句大賞」として選定し、賞状・盾及び副賞(1万円相当の図書カード)を授与する。
(3)俳句部門の一般の部及びジュニアの部それぞれにおいて、報道関係賞を選定し、賞状及び盾を授与する。
(4)42.えひめ国体・えひめ大会関係の中から俳句部門(一般の部及びジュニアの部)及びハイブリッド部門それぞれにおいて、「えひめ国体・えひめ大会特別賞」を数作品ずつ選定し、賞状及び記念品を授与する。
なお、俳句部門のジュニアの部では、最も優れた作品を「えひめジュニアスポーツ俳句大賞」として、賞状・盾・副賞(図書カード1万円相当)を授与する。
(5)俳句部門の一般の部及びジュニアの部それぞれにおいて、金賞・銀賞・銅賞を数作品ずつ選定し、賞状及びメダルを授与する。
(6)ハイブリッド部門において、金賞・銀賞・銅賞を数作品選定し、賞状及びメダルを授与する。
(7)受賞者で表彰式に出席者された方に、協賛企業から参加賞を提供する。
(8)審査により受賞作品なしとする場合がある。
その他 1.オリジナルかつ未発表の俳句・写真であること。また、ハイブリッド部門に関しては、俳句と写真が同一人物の作品とする。
2.受賞作品を収めた作品集を刊行するとともに、ホームページでも公開する。
3.応募に関してのご記入いただいた氏名・住所等の個人情報については、本事業の目的以外には使用しない。
4.応募作品の著作権は主催者に帰属する。

<<<スポーツ俳句応募フォームはこちら>>>

俳句部門の一人あたりの投句数は、競技種目1~41、及び42.えひめ国体・えひめ大会(競技の試合・開会式・閉会式の模様を俳句詠んだ作品)全体で5句までとなっています。5句以上応募いただいても6句目以降は無効となります。

ダウンロードファイル(PDF形式)
えひめスポーツ俳句大賞リーフレット